ツーレポ!

アクセスカウンタ

zoom RSS オービスアプリ

<<   作成日時 : 2017/12/18 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

自動速度違反取締装置(通称オービス)やネズミ捕り等の国家権力濫用に対する強〜い味方。
いずれのナビメーカーも国家権力を恐れてオービス位置を表示させる機能はない。
しかし、スマホのアプリは違う(日本国内で開発しているとは限らない)。
国民(ドライバーやライダー)の声を集めてオービス位置や取り締まり位置を教えてくれるというものだ。
国家権力に民衆が立ち向かうという古(いにしえ)からの構造がここにある。

アプリは何種類もあるのだが、今回、一番メジャーそうな「オービスガイド(Pasoya Co., Ltd.)」というアプリを試してみよう。

現在、オービスガイドには次の3種類がある。

1つは、無料版オービスガイド
画像


二つ目は、有料版オービスガイド
画像


三つめは、オフライン版オービスガイド
画像


なお、i-phone用には無料版はない。

お試しということで、インストールしたのは当然無料版。
良ければ有料版に乗り換えよう。

この週末、高速を使って800km程度走ってきた結果・・・・

こいつぁ、使える!

Nシステム、オービス各種をきっちり教えてくれる。
オービスの場合、かなり手前から警告を発し、500m以内に近づくとウルトラマンのカラータイマーのようにピーコン!、ピーコン!と騒いでくれる。
そして、寸分の違いなくオービスが存在し、
しかも、オービスを通過した時の速度まで教えてくれる親切っぷり!
結構、大きな音量なので、カーステかけていても十分聞こえるであろう。

移動式オービスについても警告してくれるが、こちらは「移動式」なのでオービスが常設されているわけではない。利用者などからの報告等を基に作られているアプリなので、過去に取締があり、取締りをよくやっているポイントであろう(確かに直線でスピードを出しやすいところだった)。

一方、Nシステムの場合、直前のみの通知だ。
こちらの通知は不要という場合は設定で非通知とすることができる。
有料版にすれば、ねずみや検問ポイントも警告してくれるらしい。
いいねぇ〜。
ちなみに、今回のテストでの通信量は100M程度だった。動画配信に比べれば通信量は微々たるものなので、契約通信量をアップさせる必要も無さそうだ。

しかし、欠点が無いかと言えば、そうでもない。
まず、電力大食いである。
GPSとモバイル通信(MAPダウンロード)とを常時且つ同時に動作させるので、バッテリーがあっという間に空になる。クルマからの電力供給が必須だ。
また、電波状況が悪いと情報取得できず、オービスの警告が出ない。今回の使用ではそのようなことはなかったが・・・
さらに、警告は音声だけなので、二輪乗車の時には聞こえず、警告に気が付かないかもしれない。パチンコの大当たりのように画面がビカビカ光ってほしいものだ。

ともあれ、有料版を購入してもソンは無さそうだ。
ここで、有料版には通常版とオフライン版の2つがある。
いずれも値段は同じである。
何が違うのかと言えば、
オフライン版は、通常版と異なり、予め地図データ(700M程度)をダウンロードしておく必要がある(オービスデータの更新を考えると時々最新版をダウンロードしておく必要がありそうだ)。
その分、電波状況が悪い時でもオービス警告を出してくれるというメリットがある。
また、常時モバイル通信しないのでバッテリー消費を低減できるというメリットもある。
ただし、地図データが雑で「地図」としては使えないらしい。

さて、通常版とオフライン版のどちらを選ぼうか・・・・

20171216-17

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オービスアプリ ツーレポ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる