函館本線 大沼駅

函館本線八の字の要部
位置的にはココ。
画像

大沼駅と大沼公園駅とは違う。
大沼公園駅は、大沼駅の隣。道南の一大リゾート地である。
大沼公園駅は、単線(待避線があるが)で1番線しかない、しょぼい駅であるが、ほとんどの特急が停車する。
一方、大沼駅は、線が交差する重要な駅であるが、普通列車しか止まらない。
ちなみに、大沼駅と大沼公園駅との間を歩くと15~20分くらいかかる。列車だと2分なのにね。


まずは、函館方向。
画像

複線に見えるが、
右が①本線(仁山ルート)
左が②藤城支線(藤城ルート)
である。

続いて、札幌方向。
画像


左側へ向かっているのが、大沼公園駅のある③駒ケ岳ルート。
右側へ向かっているのが、④砂原支線(砂原ルート)

こうやってポイントの設定を見ていると・・・
・③駒ケ岳ルートから大沼駅1番線に入ることはできない(逆も同じ)。
・大沼駅1番線から①本線(仁山ルート)へ入れない(逆も同じ)。
・①本線(仁山ルート)、②藤城支線(藤城ルート)、③本線(駒ケ岳ルート)、④砂原支線(砂原ルート)全てにアクセスできるのは2番線のみ。

ということは、特急「北斗」「S北斗」は上り下りとも全て③駒ケ岳ルートを通っており、函館行き「北斗」「S北斗」は2番線を通過して①本線(仁山ルート)へ入ることになる。
また、④砂原支線と①本線の各駅に停車する函館行き普通列車は、2番線限定。

やや、④砂原支線(砂原ルート)から上り(函館方向)貨物列車がやってきた。
画像


この貨物列車は1番線に入線。
画像

ということは、この貨物列車は、②藤城支線(藤城ルート)使うのか。

------------------------------------------------
大沼駅前
画像


駅待合室
画像

・・・誰もいない。
ただ、駅員はいる(昼間だけ)。

駅前には、コンビニが一軒あるので、何か買ってきて食事するのはOK。誰もいないし。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

匿名
2020年07月27日 14:55
仁山ルートと藤城ルートが逆です。
①が藤城ルートで、②が仁山ルートです。
(両線はこの先で交差します。)