アクセラ15C(BM5FS)インプレッション

アクセラ22XDを乗っているが、旅行先でアクセラ15C(BM5FS)をレンタルしたのでインプレッションを書いてみよう。
MTに乗りたかったが、設定があるはずもなく無条件にATになってしまった。
画像


1.乗り始めた瞬間
重っ!
加速しね~!

2.エンジン特性
2000rpm以上では元気がイイ。
重い車体を感じずにキビキビ走ることができる。これは15Cの唯一の褒めることができる点だ。
一方、2000rpm以下はスカスカ。
だから、ゴー・アンド・ストップが多い街中では重い車体と相まって鈍重な走りになってしまう。
1500ccのアクセラに乗るなら、エンジン特性を引き出すためにMTに限る。MTならかなり楽しく走れそうだ。

3.オートマチック特性(ギア特性)
重い車重を加速させるためであろう、1速と2速がかなりローギアード。
そして、2速と3速の間が空いてしまっている。
加速時にはあまり気にはならないが、マニュアルモードで3速→2速とシフトダウンするとエンジン回転数が一気に上昇。エンジンがうなりまくる。
3速はもっと2速側に寄せてもいいのでは。
また、加速時、エンジン特性とATの変速タイミングがずれている感がある。元気のイイ2000rpm以上をキープしてほしいのにシフトアップ。回転数が下がってしまい、フニャ加速になる。なもんでアクセルを余計に踏んでキックダウンしてしまう。
そうそう、この車、あっさりとキックダウンする。エンジンにパワーがないもんだから、すぐにシフトダウンするセッティングになっているのかもしれない。

4.ハンドリング
あ、もう一つ15Cを褒めることができる点があった。ハンドリングだ。かなり素直に気持ちよくコーナリングできる(あくまで一般道で常識の範囲内の話)。
これはG-ベクタリングコントロールのおかげなのか、エンジンが軽い(フロントが軽い)ことのおかげなのかはわからない。
なお、G-ベクタリングコントロールがどのように効いているのかは全く分からなかった。
22XDに比べてスイっと曲がれることがG-ベクタリングコントロールなのか?

5.結論
俺だったら1500ccのATアクセラは買わないね。
そもそもカタログ見た瞬間に誰もが思うだろう。
この車格で1500cc?、パワー不足じゃね?
ハイ!そのとーりです。
車重は1280kg、ライバルと思しきカローラが1090kg、ジュークが1200kg。
2200ccのエンジンを積むために頑丈にしているのでアクセラは重いのだ。
そこに1500ccのエンジンは明らかに完全に役不足。
この車格なら1600~1800ccくらいが妥当。
でも、マツダの規模ではこれ以上エンジンのラインナップを揃えることは難しいのだろう。
2000ccの下が1500ccだから1500ccを積むことにしました、ってところがホンネかもしれない。

15XD(1500ccディーゼル)が出ているので、ATに乗りたい人は迷わず15XDにしましょう。
フロントの軽さを生かすのなら、上述のように1600~1800ccのガソリンエンジンとなるのだが、おそらくそんなもの開発するつもりもないだろうから、1500ccガソリンのMTを選ぶかな。
同じ1500ccでもデミオ15MBのエンジン(ハイオク仕様)を乗せたMT車が出ると面白いのだが。現実的に可能なのでモデルチェンジ末期には出るかな?

20170505

この記事へのコメント