ゆらぎの里 ひだ山荘(下呂温泉)

岐阜県の下呂温泉にある旅館「ゆらぎの里 ひだ山荘

0.全体像
画像

 急な斜面に建つ、あまり新しくないコンクリート4階建て。
 あまり旅館という感じがしない。むしろ、どこかの企業の保養所的な外観だ。

 3階と4階が客室だ。全部で10室くらい。
 客室を大きくしたような宴会場があった。
 2階はフロントと食堂。
 1階は風呂。

1.部屋
 一般的な和室。
画像



2.眺望
高台にあるので、下呂の街並みを一望できる。 これがウリ。
これは初夏の写真だが、目の前はもみじ。紅葉の時期はとてもきれいそうだ。
画像


3.温泉
画像


 ザ・下呂温泉。下呂温泉協会が11の源泉をブレンドした湯を引いている。
画像


 循環っぽい注ぎ口だが、かけ流し。
画像


 温度は高めなのだが、熱い!と感じるのは最初だけ。入っているうちに熱さを感じなくなる絶妙な温度だ。
 残念ながら内風呂だけで露天風呂は無い。
 シャワーは4機。
画像


立ち寄り湯もできるよ。
画像



4.食事
(1)夕食
 団体で行ったので、4Fの宴会場での夕食。通常は2Fにある食堂で夕食。
画像


 なかなか豪勢。これもウリらしい。
画像

画像

画像


これは豆乳を温めて作る豆腐。
画像


〆のごはんと豚汁とデザート
画像

いいお米を使っているのだろう、ご飯がおいしい!

(2)朝食
 朝食は2Fの食堂で。
 飛騨地方のB級グルメ、朴葉味噌。ご飯が進む君だ。
画像
 

5.その他
 近所には老舗の温泉旅館「湯之島館」がある。「湯之島館」はいかにも「旅館」だし、こちらは湯之島館の社宅か?と思ってしまうくらい地味。
 さらに、温泉の象徴である露天風呂がないでしょ。
 う~ん、プラスのイメージが無いなぁ。。。
 でも、この宿は自信を持って人に勧められる。
 隅々まできれいに保っている、食事もイイ、スタッフさんも好印象。
 露天風呂は無いがかけ流しだし(下呂といえども巨大ホテルは循環だよ)。
 地味な分、混んでおらず、静かに過ごせる。
 お勧めな宿だ。 
画像



20190601-02



この記事へのコメント