新型マツダ3について(20190616追記)

ついにマツダ3が販売されましたな。
画像


ネット上の予想通り、
ガソリン1.5L、2.0L
ディーゼル1.8L
だった。
そして、MT設定も1.5Lのファストバックのみ。

むぅーーーーー(がっかりorz)

1.5Lエンジンは先代アクセラに積んでたものと同じ。
それなのに、車重は40~60kgも増量。

あきらかにパワー不足(先代アクセラの試乗レビュー)。

エンジン自体は良いのだが、この車格に1.5LのNAエンジンはダメでしょ。
この車格なら1.8Lクラスか、ターボ必須。
マツダのサイズではエンジンのバリエーションを増やせないことはわかるが、、、
マツダ3に1.5Lエンジンは、明らかに設計ミス。

1.5Lエンジン搭載が設計ミスなら、
1.5LのみにMT設定というのは戦略ミス。
1.5LのMTは誰に向けて売ろうとしてるのか?
今の時代、MT選ぶ人は走り好き。
そんな人が非力の1.5Lを選びますか、ってこと。

オレが戦略担当だったら、1.5LはATのみ、2.0LにMTを設定するね。


マツダ車を2台持つほど、マツダファン。
マツダファンだからこそ、マツダ3には文句が言いたかった。
先代のアクセラの場合、マイナーチェンジ時に2.0LにMTが設定された。
マツダ3にも期待したい。

20190610
----------------------------------------------------------------------

本日(20190616)、セダン18XDに試乗してきた。

個人的見解を言おう。
ネット上では大絶賛の嵐だが、そこまで絶賛するほどのものか?
というのが印象だった。

確かに、内装と外装は魅力的だ。
しかし、クルマというのはインテリアでもガワでもなく、走りだろ?
(少なくとも自分はそう思う。)

あまりにも貧弱な動力性能にがっかりした。
エンジン音は軽いのだが、、、、
走り出しがモッサリ。
あれ?前に出ないぞ!
なんだ、このかったるさは!
聞けば、22XDはツインステージターボ、この18XDはシングルステージターボ
排気量落として過給機弱体化させれば当然の結果だ。

アクセラ22XDの圧倒的なパワーに一瞬で魅了され、インプレッサを蹴った時を思い出した。
あの時のマツダはどうした!
かなりポンコツになってきたデミオDY3Wの方がまだ魅力的だ。

残念ながら、18XDも無いな。

残りは20Gと20Xだが、、、

営業さんも心配してたよ。
20X大丈夫なのか?って。
販売開始まであと4か月切っているのに、営業さん向け試乗車すら出てないそうだ。
営業さんも、何を勧めていいのかもわからないらしい。
まぁ、想像すれば、開発が遅れに遅れまくっているんでしょう。
おそらく環境性能が基準を満たしていないものと思われ。
環境基準の甘い米国では試乗車走ってるしね。
むりやり、2019年10月に販売を間に合わせてもリコール連発が。。。。。
20Xに飛びつくのも、、、ちょっとね。

残るは20Gか。。。
ATしか無いんだよね。

ダメだこりゃ。
20GにMTが設定されない限り、マツダ3を買うことはない。。。

営業さん、最悪20Xが間に合わないとなったとき、
20Xを期待していた人向けに
22DXが復活するかも、って言ってた。
ウン、そうなると、米国の25Gが導入されることも考えられるし、
20GのMTも導入されることもありうるな。

やはり全ては20X次第か。

20190616




"新型マツダ3について(20190616追記)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント