未知道探検倶楽部-102-岐阜県道62号(飛騨里山ふるさと街道)

下呂温泉からR41で少し南下したところから岐阜県道62号は始まる。 始まりはこんな橋から。 初めは二車線の良い道~~~ そして、突然狭くなる~~~ ここは秋には紅葉がきれいそうだ 道は狭くなったけど、それでもまだまだ走りやすい。 R256とのT字路にぶつかって県道62号…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新型マツダ3について(20190616追記)

ついにマツダ3が販売されましたな。 ネット上の予想通り、 ガソリン1.5L、2.0L ディーゼル1.8L だった。 そして、MT設定も1.5Lのファストバックのみ。 むぅーーーーー(がっかりorz) 1.5Lエンジンは先代アクセラに積んでたものと同じ。 それなのに、車重は40~60kgも増量。 あき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-101-岐阜県道98号(飛騨位山匠の道サクラ街道)

高山と下呂温泉とを結ぶ道は2つある。 一つは国道41号 そしてもう一つは岐阜県道98号。 国道41号が川沿い(中山七里川)を走ることに対し、県道98号は山中を駆け回る。 当然、ライダーには県道98号の方がいいよね。 今回は、高山側から走ってみた。 飛騨一之宮という町でR41から別れる。 最初は街中を走る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-100-岐阜県 飛騨農園街道

飛騨農園街道はここにある。 手持ちの古いツーリングマップには載っていなかった道。 でも、最新のグーグルマップにはしっかり載っている。 数年前にできた道だろう。 ま、いわゆる広域農道ってやつだ。 基本的に二車線のワインディングロード。 路面状態もよろしい。 ということでツーリン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

素材蔵 福吉 (岐阜県恵那)★★★

恵那市内にある定食屋さん「福吉」。 昼の営業は14:00までなので、ちょっと遅れると昼にありつけなくなるので注意。 今回は、道を間違えて、到着が14:00ちょい過ぎだった。 初めはもう駄目です、って言われたけど、店のエライ人が「いいよ」って言ってくれたから、お昼を食べることができた。 メインメニューは、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MUSTACHE[マスタッシュ](奥飛騨)★★

岐阜県の奥飛騨、平湯温泉にあるカフェレストラン「MUSTACHE(マスタッシュ)」 (公式HPは無いみたい) さすが湯量の多い平湯温泉。入口横に温泉がかけ流されている。 手洗い用?でもクソ熱くて手など入れられない。飲湯用かな。 木造の丸い建物が目立つぞ。 店中はこんな感じ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆらぎの里 ひだ山荘(下呂温泉)

岐阜県の下呂温泉にある旅館「ゆらぎの里 ひだ山荘」 0.全体像  急な斜面に建つ、あまり新しくないコンクリート4階建て。  あまり旅館という感じがしない。むしろ、どこかの企業の保養所的な外観だ。  3階と4階が客室だ。全部で10室くらい。  客室を大きくしたような宴会場があった。  2階はフロントと食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマチュア無線、スプリアス規制に対応してみた

スプリアス規制強化で令和4年以降、古い無線機が使えなくなることは以前に説明した。 そんな古い無線機でも、総務省の認定をとることで使用し続けることができる(参考 )。 個人でその認定手続きしても良いのだが、日本アマチュア無線振興協会(JARD)というところが手続き代行してくれる。 それは知ってはいたのだが、Webページ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペンション南十字星(白馬)

1.全体  八方尾根スキー場から車で7~8分のところの別荘地内にある。  ヨーロッパ風で、いかにもペンションという風貌だ。  遠目で見るとかなりメルヘンチック。  ただし、近づくと建物の古さを感じる。ペンションは個人経営なので、ホテルや旅館ほど頻繁にメンテナンスできないからこればかりはしょうがない。  駐車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイクのチェーンが外れた!

バイク歴ももう30年になるが、自分のバイクでチェーンが外れたのは初めてだ。 あと、その昔、友人がUターン時にチェーンが外れたのを見たのが1回だけ。 飛んだり跳ねたりするモトクロス以外でチェーンが外れるトラブルは相当レアなケースかなと。 とはいえ、整備不良なのは間違いないので深く反省。 数か月前にチェーン調整を行ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

只見線踏破(3)会津川口駅←→会津若松駅

会津川口駅は、ダム湖の隣に存在する。なかなか気持ちの良い駅だ。 こっち側は只見側の代行区間。 2両編成だが、会津川口側は座席削減クロスシート、会津若松側はローグシートである。 この区間も小出駅←→只見駅同様ノロノロ走りだ。 この区間の見どころは、会津盆地に下っていくところだろう(塔寺駅→会津坂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

只見線踏破(2)只見駅←→会津川口駅

ここからは代行バスだ。マイクロバスが用意されている。バスではなくミニバンの場合があるらしい。 小出駅→只見駅の車内改札で車掌から「代行バスは利用されますか?」と聞かれる。その人数によってバスを走らせるかバンを走らせるかを決めるようだ。 ネット情報通り、運転士は女性だった。制服から判断すれば地元のタクシー会社に代行を依頼してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

只見線踏破(1)小出駅←→只見駅

越後湯沢で時間を潰して12:56に小出に到着した。 4番線にはすでに只見行きの列車2424Dが止まっている。 キハ48系のクロスシート2両だ。 利用者も余りいないのに贅沢だなぁ、と思っていたが、 乗ってきた長岡行きの下り上越線1735Mから乗り換える人は結構いた。 そして、発車3分前、今度は水上行きの上り上越…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の青春18きっぷ(2019)

ぽっと2日間の時間ができた。 2日間でどこへ行けるかを考えてみた。 ここで、ふと「只見線」という文字が浮かんだ。 確か、数年前の台風で橋梁が崩落してバス代行してたよなー。 んで、JRは廃線を決めていたが、沿線自治体からの強い要望で廃線を回避、橋梁を修復したうえで上下分離方式で営業を続けることにしたんだよなー。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フジグランドホテル(会津若松駅前)

会津若松駅から徒歩1分で到着できるホテル。 フジグランドホテル駅前 便利すぎる! 1.部屋  普通のビジホですね。 2.眺望  駅前ロータリー側とその反対側の部屋がある。  駅前ロータリー側の部屋は遮るものが無く、特に上昇階の眺望はよろしい(と思われる)。  一方、駅前ロータリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八百治博多ホテル

博多駅の博多口から徒歩10分くらいのところにあるホテル。 八百治博多ホテル ビルやマンションが混在するビジネス街っぽいところにある。 ホテルの建物自体も6Fまではオフィスとなっていて、その上が客室だ。 客室はこんな感じ。 フツーのビジホですね。 ここのいいところは1Fに温泉が併設されている所だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルトワークス(5MT)を借りてみた

福岡でレンタカーを借りた。 マニュアル車は無いかな~と思っていたら、 SKYレンタカーが「いま、マニュアルに乗る。アルトワークス」というキャンペーンをやっていた。 アルトワークスは気になっていた車だったので、即エントリー。 2日間がっつり走ってきたのでインプレを書いておこう。 ちなみに、この車、なんと走行距…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内(四国側)の旅

年末年始も勤務したので、ちょっと休みを取ろうかな。 正月明けのこの時期なら空いてるでしょ。 じゃ、どこいく? 普段混んでて行けないところ・・ やっぱりサンライズかな。 でも、JR四国もすでに制覇してしまってるし。 レンタカーで列車で行きにくいところに行ってみるか? スイッチバックの坪尻駅は無理でも新改駅な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸内の大島(愛媛)ドライブ

日本には「大島」という島はいくつあるのだろう。 今回訪れた「大島」は瀬戸内にある「しまなみ海道」の経由島である。 ホントは、「しまなみ海道」を全線走ってやろうという目論見でやってきた(松山側から)のだが、時間の関係上それは無理、ということで急遽、大島往復&観光に計画変更したのだった。 大島でのミッションは次の3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR四国予讃線 下灘駅

かつて「青春18きっぷ」のポスターにも使われた駅だ。 まぁ、そんな古いポスター等、知らない人も多いだろう。 むしろ、瀬戸内に沈む夕日がきれいに見える駅、という方が皆知っているのではないか。 JR四国では、週末ごとにイベント列車を走らせるほどの力の入れようだ。 それに、海に最も近い駅なんだそうだ。 いやいや、そんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more