しまなみ海道を走ってみた(クルマで)

愛媛県には、瀬戸内海の島々を経由しながら広島県へわたる吊り橋「しまなみ海道」がある。 せっかくレンタカー借りたんだから走って見なければ! 瀬戸内をわたる橋としては、瀬戸大橋や明石海峡&鳴門海峡大橋もあるが、そちらは自動車専用。 このしまなみ海道は原付バイク、自転車、歩行者まで通れる。 現在、愛媛県側では高速道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本最古(現役)の跳ね上げ式可動橋「長浜大橋」(愛媛県大洲)

跳ね上げ式の可動橋って知ってるかい? 大型の船が通るときに橋がパカッっと跳ね上がるやつだ。 海岸沿いの工業地域でよく見られるタイプの橋だが、一般的にはあまり存在しない。 一般の跳ね上げ式タイプで、稼働中であり、そして最も古い橋がここにある。 さすがに船が通るタイミングには遭遇できなかったが、しっかりと通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-99(2)-愛媛県四国最西端への道(2)

前回からの続き 前回は、第2区間まで走ってきたことを記載した。 ここからは、県道256号の終点にある駐車場にクルマを止めた後からの話だ。 第3区間 駐車場から最西端の灯台まで1.8kmは遊歩道。つまり最後は歩く! 遊歩道の入り口。さぁ、歩くぞ! 一応舗装されていて管理はされているようだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-99(1)-愛媛県四国最西端への道(1)

四国最西端?それはどこなんだ? 答えは、愛媛県の「佐田岬」である。 地図上ではここ。 しかしなぁ、最西端といっても四国内の話だし、、、 さらにその西には九州があるし、 なんか二番手というか、家の中の西側の部屋という感じがあって、観光地として呼び込むにはインパクトが弱いよね。 そういうこともあってか、観光…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まりーな亭(愛媛)

四国最西端である佐多岬へ行く途中。 ちょうど昼時なので何か食べたいなと思っていたところに現れたレストラン「まりーな亭」。 場所は、フェリー乗り場のある三崎港へのバイパスR197(通称メロディーライン)の終点付近だ。 一見、古物商的な店構えでレストランとは思えないし、営業してるのかしていないかもわから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見奈良天然温泉 利楽 (愛媛)

愛媛県松山の温泉と言えば「道後温泉」が一番に思いつく。 あまりにも有名だし、前にも言ったことあるので、ちょっとマイナー系を狙ってみた。 見奈良天然温泉 利楽は、松山市街からは電車やクルマで30分程度のところにある。 温泉宿というより、ずばり、宿泊できるスーパー銭湯だ。 一応天然温泉。 探せば他にも良さげな温泉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿波池田という町を知っているかい?

阿波池田という町を知っているだろうか。 住所的には徳島県になるのだが、香川県と愛媛県との県境付近にある山間の谷間の町だ。あまり徳島のイメージは湧かないし、知らんよ、そんな町という人が多いだろう。 でも、甲子園で有名な池田高校がある町だよ、というと、えっ、そうなの?とみな驚く。 こんな山間の高校から毎年甲子園に行くなんて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DJデミオ(1.3L、5MT)を借りてみた

DJデミオ(ガソリン5MT) デミオ(5MT)をレンタルした(タイムスレンタカー愛媛)。 グレードは13S。マニュアル車だぜ! 平成28年8月登録。 2年ちょいで6万キロ。 レンタカーとしては少ない方か・・・ やはり、マニュアル車の借り手は少ないのか。 乗り込んでみて、、、あれ? USBポートがない! 最近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YAMAHA XJ6 Diversion 小物入れ

バイクって小物を収納する場所が無いんだよね。 シート下は車載工具とETCでいっぱいだし。 貴重品などはウエストバッグに入れるとしても、持ち歩かなくてもいいような小物類(例えば、シガーUSB電源や電源ケーブルなど)はバイクにしまっておきたい。 でも、ツーリングバイクやアドベンチャー系のバイクですら小物入れがない。 知ってるバイクで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茨城紅葉ツー

日帰りで行くにはちょっと距離があるが、高速メインなので大丈夫でしょう、ということで行ってきた。 目的地は2つ。 1つは竜神大橋 そして袋田の滝だ。 往路 延々と高速道路を走り、 ようやくたどり着いた竜神大橋。 以前来たときは、スムーズに橋のたもとの駐車場まではいれたのだが、さすが紅葉シーズン。 駐車場がい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たきもと(袋田の滝)★★

袋田の滝へ向かう途中にある定食屋である。 メニューはこんな感じ。 注文したのは「野菜けんちんそば」 まぁ、どぉってことない普通の店であるが、、、、 ここの一番のウリは、自前の駐車場を持っていることである。 袋田の滝といえば、紅葉シーズンになるとマイカーや観光バスが大挙して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥秩父紅葉ツー

まあ、季節がら紅葉でも見に行きますかね ということで計画した今回のツー。 行先は、なんとなく奥秩父。 紅葉の他に、R140の旧道と三峰神社に行ってみよう。 初めに書いておくが、ツーリングした日は天気は良かったが、紅葉はすでに終盤。 ポイント的には紅葉は残っていたが、全体的にはほぼ落葉していた。 ルートはこんな感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイク弁当大滝食堂(奥秩父)★

あの「バイク弁当」で有名な大滝食堂に行ってきた。 場所はこの辺。 GoogleMapにもしっかり記載されている。 平日だったが、みなさん結構やってきますね。 店内はこんな感じ 狭くもないが広くもない。 ツーリンググループで大挙していくところでもなさそう。 店内に入ると、まず、食券を買…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界戦略車カローラ登場

ついに新型カローラがお披露目された。 一目見た瞬間、これは、もはやカローラじゃないな。。。。 世界制覇という使命のため、トヨタの渾身の新設計クルマである。 世界制覇のために世界中で知られている「カローラ」という名の武器を与えた、ということだろう。 日本には、2019年に若干の修正(多分縮小化)して登場するらしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高湯温泉 玉子湯(福島県)

「高湯温泉」 硫黄の香が漂う山肌の小さな温泉街。 有馬や草津ほど有名ではないし、秘湯というわけでもない。 「高湯温泉」と聞いて、あぁ、あそこね、って言える人はあまりいないであろう。 どれくらい前であったであろうか、そんな高湯温泉を知ったのは。 ツーリング中に偶然見つけたんだよなー 南東北をソロツーしていた時だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大江戸温泉物語 日光霧降

大江戸温泉物語「日光霧降」 従前は、郵便貯金総合保養施設(メルパルク)だった宿泊施設。 そういわれてみれば造りがそんな感じもする。 2007年に大江戸温泉物語が買取、営業を開始。 宿泊した日も満室。大江戸温泉物語が営業して、結果として良かったのではないだろうか。 1.部屋 ツインの部屋。 さす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行くぜ東北!(テツな旅)その2

その1からの続き iv)小坂レールパーク (小坂レールパーク自体の一般的な内容はホームページを参照) かつての小坂鉄道の小坂駅とその操車場をそのまま利用したテーマパーク。 ブルートレイン「あけぼの」が現在も「走る」操車場である。 駐車場に入ると、、、、 いたよいたよ、いきなりドーンとブルートレインが目に入って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行くぜ東北!(テツな旅)その1

(1)プロローグ え? 今も「あけぼの」が走ってる? YouTubeを眺めていたらとある動画で発見した走っている「あけぼの」。 なんだこれは? オレは知らなかったぞ! 短い編成、現役復帰ではなさそうだ。 説明によれば、ここは小坂レールパークという鉄道系テーマパーク。 引退後の「あけぼの」を動態…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定番!西伊豆ツー(2018/10/21)

今日は秋晴れ! ツーリング日和。 昨日は夕方から雷雨だった(予報通り)が、今日は一日晴れる予報だ。 今日の行先は西伊豆だ。 往路のコースはこんな感じ。 集合場所の西湘PAに到着。 やはりライダーは多い。 ここから箱根新道で箱根に登る。 対向車がパッシング。 やっぱりネズミがいた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖あがり食堂(西伊豆仁科)★

洞窟で有名な西伊豆の堂ヶ島の近く、仁科漁港にある食堂。 「沖あがり食堂」 イカが名物らしく、イカメインの定食や丼を提供する。 近所に食堂が無いわけではないが、クチコミのせいか遠くの方からバイクの集団が押し寄せてくる。漁港なので、車やバイクを自由に停められるところがいいのかもしれない。 これが名物の「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more