テーマ:鉄道

南部縦貫鉄道(青森七戸)

十和田湖観光をするつもりだったのだが、天候が悪くガスっていて何も見えないので、青森県七戸町で保存されているレールバスを見に行ってみようか。このレールバスは、すでに廃業した南部縦貫鉄道で走っていた気動車である。南部縦貫鉄道は、青森県の七戸と野辺地とを結んでいた鉄道である。初期のころは、七戸で採掘された石炭を港(東北本線)まで運ぶ貨物線だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルートレインあけぼの(小坂レールパーク内)-再訪-

小坂レールパークの「ブルートレインあけぼの」に宿泊するのは2度目だ。前回のレポはこちら今回はA寝台が予約できた。定期運行時のあけぼののA寝台にも乗ったことはある。やはり、B寝台と違って天井が高いのはイイ。今回の部屋は6番である。前回、写真撮影にいそしんだが、2回目の今回は雨という事もあってじっくり過ごすことができた。小坂レールパークの閉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

只見線踏破(3)会津川口駅←→会津若松駅

会津川口駅は、ダム湖の隣に存在する。なかなか気持ちの良い駅だ。 こっち側は只見側の代行区間。 2両編成だが、会津川口側は座席削減クロスシート、会津若松側はローグシートである。 この区間も小出駅←→只見駅同様ノロノロ走りだ。 この区間の見どころは、会津盆地に下っていくところだろう(塔寺駅→会津坂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

只見線踏破(2)只見駅←→会津川口駅

ここからは代行バスだ。マイクロバスが用意されている。バスではなくミニバンの場合があるらしい。 小出駅→只見駅の車内改札で車掌から「代行バスは利用されますか?」と聞かれる。その人数によってバスを走らせるかバンを走らせるかを決めるようだ。 ネット情報通り、運転士は女性だった。制服から判断すれば地元のタクシー会社に代行を依頼してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

只見線踏破(1)小出駅←→只見駅

越後湯沢で時間を潰して12:56に小出に到着した。 4番線にはすでに只見行きの列車2424Dが止まっている。 キハ48系のクロスシート2両だ。 利用者も余りいないのに贅沢だなぁ、と思っていたが、 乗ってきた長岡行きの下り上越線1735Mから乗り換える人は結構いた。 そして、発車3分前、今度は水上行きの上り上越…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の青春18きっぷ(2019)

ぽっと2日間の時間ができた。 2日間でどこへ行けるかを考えてみた。 ここで、ふと「只見線」という文字が浮かんだ。 確か、数年前の台風で橋梁が崩落してバス代行してたよなー。 んで、JRは廃線を決めていたが、沿線自治体からの強い要望で廃線を回避、橋梁を修復したうえで上下分離方式で営業を続けることにしたんだよなー。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿波池田という町を知っているかい?

阿波池田という町を知っているだろうか。 住所的には徳島県になるのだが、香川県と愛媛県との県境付近にある山間の谷間の町だ。あまり徳島のイメージは湧かないし、知らんよ、そんな町という人が多いだろう。 でも、甲子園で有名な池田高校がある町だよ、というと、えっ、そうなの?とみな驚く。 こんな山間の高校から毎年甲子園に行くなんて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行くぜ東北!(テツな旅)その2

その1からの続き iv)小坂レールパーク (小坂レールパーク自体の一般的な内容はホームページを参照) かつての小坂鉄道の小坂駅とその操車場をそのまま利用したテーマパーク。 ブルートレイン「あけぼの」が現在も「走る」操車場である。 駐車場に入ると、、、、 いたよいたよ、いきなりドーンとブルートレインが目に入って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

行くぜ東北!(テツな旅)その1

(1)プロローグ え? 今も「あけぼの」が走ってる? YouTubeを眺めていたらとある動画で発見した走っている「あけぼの」。 なんだこれは? オレは知らなかったぞ! 短い編成、現役復帰ではなさそうだ。 説明によれば、ここは小坂レールパークという鉄道系テーマパーク。 引退後の「あけぼの」を動態…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥羽本線 大沢駅(2018年夏)

奥羽本線の4連発スイッチバックの最後を飾る大沢駅。 大沢集落は、割と人が多く、生活感がある集落だ。 でも、みんな車で移動。 駅を利用する人はいないのかな。 ここは駅前ロータリー もう正面が旧1番線だ。 こちらが現在のホームへ向かう通路。 大沢駅も保線に使っているので、感じとしては板谷駅によく似て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥羽本線 峠駅(2018年夏)

奥羽本線「峠駅」へは山形県道232号を山奥へ辿り、ここを左折する。 さらに名もなき舗装林道を走り、 ここを右折する。 ここからも厳しい。かなりの急坂を下る。 ヘアピンがあったり、、、 崖なのにガードレールがなかったり、、、 当然バスやタクシーなど走っていない。 それでも車にすれ違った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥羽本線 板谷駅(2018年夏)

久しぶりに板谷駅を訪れた。 ここが駅前ロータリー。回転などできないけど。 そして、すぐ後ろがスイッチバック時代の旧板谷駅のホーム。 現在の板谷駅のホームは本線上にある。 まず、旧板谷駅のホームを降りる。 旧ホームは、標準軌に改軌されているので、保線に使われているようだ。 おそらく、冬季のラッセル車待機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四国フリー紀行(20180413-15)

今回で3回目となる四国旅。 四国へは、サンライズ瀬戸の予約が取れた時にしか行かない。サンライズ瀬戸は、なかなか空席が出ないんだよねー。 毎日みどりの窓口で問い合わせすれば空席の発生を知ることができるのだろうが、そんな暇は無いし、そこまでしてサンライズに乗りたいかと言えばそうでもない。でも、四国に行くなら新幹線、夜行バス、飛行機で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンライズ瀬戸に乗ってみた(シングル平屋編)

今回、シングル(B寝台個室)が予約できた。 しかも希少な平屋タイプ。 シングルは通常1Fと2Fなのだが、車両の構造上、車両端に平屋が存在する。 この平屋タイプのシングルは、他のタイプ(1F、2F)より天井が高く、広さを実感でき居住性がよい。 しかも、立ったままの着替えも余裕である。  平屋タイプのシングルは車窓も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瀬戸大橋線マリンライナー(JR四国)

本州と四国を結ぶ瀬戸大橋線。 この区間(岡山-高松)をビジネスマンから観光客までを一手に引き受ける列車が快速マリンライナーである。 定期の非優等列車でグリーン車を連結しているのは、JR東とこのマリンライナーくらいだろう(JR東海は見習いなさい!)。 グリーン車は高松側の先頭車(1号車)だけである。 岡山側の先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坪尻駅のスイッチバック(JR四国、土讃線)

四国には現役のスイッチバック駅が2つある。 一つは土讃線「坪尻駅」、 もう一つは同じく土讃線の「新改駅」だ。 本レポートでは坪尻駅を報告する。 まず、坪尻駅はここにある。 坪尻駅を拡大すると、、、、 この付近では、土讃線は渓谷の底にある鮎苦谷川沿いを走っている。 並走する国道32号線は山の中腹を走り、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徳島線(JR四国)

徳島線はここにある。 徳島駅から山間部の阿波池田駅までを結ぶ。 まず、所感から。 地図上、山間部の渓谷をはしるローカル線を想定していた。 しかし、実際は吉野川沿いに平野部が存在することから村や町が多く、乗客も多い。 したがって、基本的に2両編成である。 なるほど、特急を走らせる意味もあるということか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンライズ瀬戸に乗ってみた(ソロ編)

再び四国へ。 今回の目的は、前回、サンライズ瀬戸の遅延で回れなかった高徳線と土讃線のスイッチバック体験だ。 計画は前々からあったのだが・・・・ サンライズ瀬戸の予約がとれない! 前回、あっさりシングルデラックス(A寝台個室)が取れてしまったので、いつでも予約が取れるものと思っていた。しかし、何回チャレンジしても取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御殿場線(20170820)

言わずと知れた旧東海道本線 全線単線であるが、さすがもと本線。高速化対応ができており、電車はハイペースで走る。 東海道本線との分岐駅「沼津」 新幹線の駅ができずに取り残されてしまったことが幸い(?)したのか、昭和の駅感がバリバリ残っている。 ここに旧客が止まっていたらスゲー似合うぞ。 ターミナル駅でここ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身延線(20170820)

この路線は日本の風景が凝縮している 工業地帯、市街地、田園、温泉、山間、河川沿い、信仰・・・ この路線を制覇するだけで日本の風景を全て見れる。 富士~西富士宮: この区間だけで工業地帯、市街地、信仰(大石寺)だ。 そして、この区間(富士~富士宮)だけ複線であり、都市を感じる。 おそらく、身延線の収益の9割…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR東海「休日乗り放題きっぷ」

鉄道愛を全く感じないただの営利団体となってしまっているJR東海であるが、 そんなJR東海でも、18きっぷ以外にフリーきっぷも販売している。 JR東に比べると数は非常に少ないが・・・ そのうちでもちょっとだけ使えそうなのがコレ! 「休日乗り放題きっぷ」 フリー区間は、熱海~豊橋、御殿場線、身延線である。 フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土讃線(窪川-多度津)

土讃線はココである。 1.窪川-高知 高知までの特急「あしずり4号」 始発かと思ったら、3セクの土佐くろしお鉄道の中村駅からやってきた。 でも、車内はガラガラ。 この区間は、海沿いで太平洋を見ながら走るのかと思っていたら、さにあらず。 海岸線に下りたり、峠に上ったりで忙しい。 駅の高速化対応は半分くらいしか達成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇和島駅(2017/06/24)

初めてやってきた宇和島駅。 この先には線路がない完全終着駅である(もっとも延伸計画はあったのだろうが)。 駅の構造はこんな感じ。 良い感じで古さを残している。 現在は、駅舎がホテルになっている。 最近は便利になった。googleで何でもわかってしまう。 出発前に航空写真から宇和島駅を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予土線(宇和島⇔窪川)

高知(窪川)~宇和島の山岳地帯を走る。 人口が少ない地域なので1両編成のワンマンドン行のみ。 一般車両もあるのだろうが、やってきたのはコレ(4816D)。 座席の一部を展示棚に改装してしまっている。よっぽど乗客が少ないのであろう。 そこまで乗客が少ないのにロングシートにしてしまっている意味が分からん。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四国フリー紀行

テツには様々なテツがいる。その中でもオレは「乗り」のテツだ。 乗り鉄のメインイベントといえば、夜行列車である。 以前は、北海道へ行くことが多かったが、北海道新幹線が開通して「あけぼの」「北斗星」「はまなす」が廃止になってからは北海道に行かなくなったし、「乗り」に行くことも少なくなった。 さらに、JR北海道はお手軽なフリー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予讃線(松山⇔宇和島)

予讃線は、瀬戸内に沿って高松駅から宇和島駅までをつなぐ路線である。 続いて、松山⇔宇和島をレポ。 松山駅(正確には向井原駅)から先、伊予大洲まで旧線と新線にルートが分かれる。 旧線をレポするために松山からドン行に乗車する。 良いお席はお早めにということでホームでスタンバっていたが・・・ 駅の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

予讃線(高松⇔松山)

予讃線は、瀬戸内に沿って高松駅から宇和島駅までをつなぐ路線である。 まずは、高松⇔松山をレポ。 この区間、四国側の瀬戸内工業地域を突っ切るJR四国切ってのメイン街道。 従って、ビジネス利用が多く、路盤の高速化対応が完備されている(高松ー伊予大州) ちなみに路盤の高速化の代表格はこれ。 従前より左側通行の大原則…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンライズ瀬戸に乗ってみた(シングルデラックス編)

時々帰宅時に東京駅で見かける「サンライズ出雲/瀬戸」。 最後まで残った夜行列車。 いつも、二階建てで背の高い車両を見上げるだけだったが、・・・・ 今日は乗る! しかもA寝台個室! 東京駅へはネット情報より早く21:40くらいには入線してくる。 上野駅でカメラ構えるのは違和感ないが、東京駅でカメラ構えるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週末パスの旅(2017年6月10-11日)

久々だな、テツの旅は。 今回の週末パスの旅はこんな感じだ。 初日(6月10日)が赤線 二日目(6月11日)が青線 である。 今回のミッションは2つ。 1.置き換えがささやかれている羽越本線の長距離キハ40系に乗れ    長距離キハ40系が走っている羽越本線はここだ。 2.ザクザクに切り刻まれた信越本線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グランクラス(北陸新幹線)に乗ってみた

GWに金沢へ行くことになったのだが、新幹線が満席で指定が取れない。 行きは始発で予約できたが、帰りは相当遅い時間にならないと全く席が無い。 ん? グランクラスなら空いてるぞ。 高いけどしょーがないかー てことで「かがやき530号」の12号車へやってきた。 一歩足を踏み入れると・・・・ おぉ! シックだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more