テーマ:碓氷峠

「碓氷峠 -トロッコ-」について

「碓氷峠 -トロッコ-」について (補足) シェルパ君、補修部品がない。 しかも、その補修部品、その辺で購入できるような市販品ではなく、型からおこして部品を作るようです。・・・ということは、 この先、しばらくはトロッコでいくみたい。 残念ながらEF63の復活はなさそう 休業期間が長くなってしまうので、代替DLで運行するよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

碓氷峠 -列車復活案③-

ようやく三回目 ③トロッコ方式 やはり、DLによるトロッコ方式が一番現実的。 ただ、トロッコを走らせているだけでは乗客も増えない。 参考になるのが(京都)のトロッコ列車である。 http://www.sagano-kanko.co.jp/ これはトロッコ列車だけで持っているのではなく、紅葉桜等の景観や保津川下り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

碓氷峠 -列車復活案②-

ようやく第二弾 第二弾は、②JR又はしなの鉄道の車両に補機を連結方式 (メリット) EF63の技術を使えば、新たな技術開発(車両開発)は不要。 碓氷峠といえばEF63。自分を含めたマニアな人たちの総意でしょう。 (デメリット) 定期旅客に対して、登山鉄道方式で説明したように、採算性が悪い。 さらに、EF63…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

碓氷峠 -列車復活案①-

碓氷峠列車復活案はいくつか挙がっている。 私自身もちょっと考えてみた。 本ブログを含めて3回に分けて記載する。 ・・・って、続きのアップロードはいつになるか 第一弾は、①登山鉄道方式 定期旅客運行を前提としており、割とメジャー案である。 (メリット) 他の路線(例えば、箱根…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

碓氷峠 -トロッコ-

鉄道文化村←→峠の湯を運行しています。 トロッコと名が付いていますが、馬鹿にしてはいけない。 何といっても本物です。 TMC-500Aという、保線用ディーゼル機関車です(シェルパ君という愛称が付いてます)。 遊園地のおもちゃとはわけが違います。 間近で見るせいもあり、デカくて迫力あります。 音も重低音が響…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more