テーマ:ツーリングルート

未知道探検倶楽部-108-奥入瀬バイパス(国道102号)

十和田湖と八甲田は青森の有名な観光地である。 その付近に奥入瀬渓流という観光地もある。 十和田湖と八甲田に観光に来たら、奥入瀬渓流にはほぼ立ち寄るでしょう。 正直、小川が流れている谷間の林間コースにすぎないのだが、国道102号が小川に沿って走っており、容易にアクセスできるということで観光バスやレンタカーも多い。 で、流れが悪いの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-107-秋田県道2号

秋田県道2号は秋田県の大館市から十和田湖までを結ぶ快走路である。 愛称が付いており「樹海ライン」という。 小坂の町から西側(大館方向)は、東北自動車道の小坂ICのアクセス道でもあるので、整備はされているし、利用車も多い。 一方、小坂の町から東側(十和田方向)は、十和田湖へ向けての観光道である。 今回は小坂から十和田湖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-106-国道282号(青森秋田県境)

国道282号は青森県碇ヶ関から岩手県盛岡付近までをつなぐ越境国道だ。 今回は碇ヶ関から小坂まで走ってみた。 碇ヶ関でトラック街道の国道7号とたもとを分かち、山奥へ入っていく。 そして、秘湯の古遠部温泉の入り口を過ぎれば、九十九折で高度を上げていく。 ムム!急な切り返しが続く峠になってきたぞ。一応2車線は確保さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-105-国道454号(青森県)

国道454号はここにある。 国道102号と国道7号とを結ぶ峠越え国道だ。 一応、国道ということでバスも走るし、二車線確保されている。しかし、峠部ではブラインドコーナーが続くし、交通量は極端に少なく、道の両端から雑草が侵食している。 初夏で緑が生い茂って展望が開けないのだが、1箇所のみドーンと景色が開ける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-103-岐阜県道62号(白川トチノキ街道)一部R256

岐阜県道62号後半はここだ。 一部国道256号と重複している。 国道だからと言って安心してはいけない。 いきなりこれだもん。 狭い。。。 単なる田んぼへのアクセス道じゃん。 クネクネの山道を走り、 ようやく人里に到着。 ここで国道256号と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-102-岐阜県道62号(飛騨里山ふるさと街道)

下呂温泉からR41で少し南下したところから岐阜県道62号は始まる。 始まりはこんな橋から。 初めは二車線の良い道~~~ そして、突然狭くなる~~~ ここは秋には紅葉がきれいそうだ 道は狭くなったけど、それでもまだまだ走りやすい。 R256とのT字路にぶつかって県道62号…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-101-岐阜県道98号(飛騨位山匠の道サクラ街道)

高山と下呂温泉とを結ぶ道は2つある。 一つは国道41号 そしてもう一つは岐阜県道98号。 国道41号が川沿い(中山七里川)を走ることに対し、県道98号は山中を駆け回る。 当然、ライダーには県道98号の方がいいよね。 今回は、高山側から走ってみた。 飛騨一之宮という町でR41から別れる。 最初は街中を走る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-100-岐阜県 飛騨農園街道

飛騨農園街道はここにある。 手持ちの古いツーリングマップには載っていなかった道。 でも、最新のグーグルマップにはしっかり載っている。 数年前にできた道だろう。 ま、いわゆる広域農道ってやつだ。 基本的に二車線のワインディングロード。 路面状態もよろしい。 ということでツーリン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しまなみ海道を走ってみた(クルマで)

愛媛県には、瀬戸内海の島々を経由しながら広島県へわたる吊り橋「しまなみ海道」がある。 せっかくレンタカー借りたんだから走って見なければ! 瀬戸内をわたる橋としては、瀬戸大橋や明石海峡&鳴門海峡大橋もあるが、そちらは自動車専用。 このしまなみ海道は原付バイク、自転車、歩行者まで通れる。 現在、愛媛県側では高速道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-99(2)-愛媛県四国最西端への道(2)

前回からの続き 前回は、第2区間まで走ってきたことを記載した。 ここからは、県道256号の終点にある駐車場にクルマを止めた後からの話だ。 第3区間 駐車場から最西端の灯台まで1.8kmは遊歩道。つまり最後は歩く! 遊歩道の入り口。さぁ、歩くぞ! 一応舗装されていて管理はされているようだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-99(1)-愛媛県四国最西端への道(1)

四国最西端?それはどこなんだ? 答えは、愛媛県の「佐田岬」である。 地図上ではここ。 しかしなぁ、最西端といっても四国内の話だし、、、 さらにその西には九州があるし、 なんか二番手というか、家の中の西側の部屋という感じがあって、観光地として呼び込むにはインパクトが弱いよね。 そういうこともあってか、観光…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-98-福島県道24号(母成グリーンライン)

母成グリーンライン(福島県道24号)は、一言で言うならば裏磐梯アクセス道路かな。 東北自動車道から裏磐梯へ行くために、猪苗代磐梯ICを経由するより一つ手前の磐梯熱海ICを降りて母成グリーンラインを通っていく方が楽しいかも。 母成グリーンラインは、大きく分けて、中ノ沢温泉区間、牧場区間、森林区間の3つの区間に分かれる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-97-山形県道232号

山形県道232号は「万世大路」として有名な国道13号に並行して走る県道だ。 しかも、ほぼ奥羽線に沿って走る(直接見れる個所は少ないが)ので、4連発スイッチバック遺構を探索(赤岩駅以外)するアクセス道として重宝する。 福島側から山形県道232号に入るためには、まず、国道13号(東北中央自動車道にのってはいけない)を東栗子トンネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-96-山形福島県道2号(西吾妻スカイバレー)

県堺の白布峠を越えて山形の米沢と福島の桧原湖とを結ぶ県道。 かつては有料道路「西吾妻スカイバレー」だった。 しばらくは農村を走り、 山の中に入っていく 有名な白布温泉を通過し、 いよいよ峠道 多分、このあたりが米沢側で最も景色のいいところ(頂上にパーキングがあるがあまり眺望…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-95-福島県道70号(レークライン)

福島県道70号は有名な磐梯吾妻スカイラインとこのレークラインからなる。 レークラインといっても湖畔を走る道ではない。 前半は高度を上げて尾根道を走る。 このあたりが最高地点(パーキングがある) 高度を下げた後半は木立の中を走る(眺望無し)。 でも、こんな北海道っぽい風景もある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-94-福島県道64号(磐梯山ゴールドライン)

福島県道64号は、かつての有料道路「磐梯山ゴールドライン」である。 なぜゴールドなのかはよくわからないが、おそらく、紅葉の時期に木々が黄色に染まるからなのだろう。 全般として木立の中を走っており、眺望はほぼない。 一部スキー場内を走る。 景色が優れず、路面状態は良いので、走りに打ち込める!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-93-栃木福島県道290号

福島栃木県道290号は、かつての那須甲子道路。 無料化されて県道290号となった。 観光地の那須岳、那須高原の福島側の道なので、クルマは少ない。 かつての有料道路なので、全線二車線。 でも、勾配もカーブのかなりきつい。 バイクにとっては楽しい道。 ブイブイいける。 ただし、路面状況があまり良く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-92-国道289号

国道289号は東北道の白河ICと南会津(日光街道)とを結ぶ短絡路だ。 奥羽山脈(旭岳と甲子山)をトンネルでぶちぬいて1995年に完成した道路だ。 南会津の経済効果を真剣に考えているのか、かなり高規格な道路だ。 特に日光街道側は登坂車線が完備され、豪快に走れる(一部未改良) 。 未改良区間といってもこのレベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-91-福島県道23号+131号(大内宿こぶしライン)

山形県道23号+131号(通称「大内宿こぶしライン」) 会津若松と会津下郷から観光地の大内宿までのアクセス道 基本的に大内ダムの付け替え道路だし、この付近のいちだいかんこうちである大内宿までの道なので、二車線で走りやすい。かなり豪快に走れる。 路面の補修材が多いのが気になるが・・・ (滑る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-90-羽鳥湖の別荘地

羽鳥湖と国道118号とを結ぶ名もなき道。 名もなき道だが、羽鳥湖の別荘地のアクセス道なので、そこそこ整備されている。 道幅も広いし。 羽鳥湖道の駅から福島県道37号を離れて高度を上げていく。 別荘地を抜けるとワインディングを下る。 結構いい感じなのでペースが上がりがちだが、県道以下なので、路盤がうねっていてはねてし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-89-福島県道37号(白河羽鳥レイクライン)

白河の市街地から一山超えて羽鳥湖へ向かう県道である。 Google Mapには「白河羽鳥レイクライン」という名がついているが、他の地図や現地には何も表記されていない。 最初は田園風景。 そして山の中に入っていく。 一部狭いところもあるが、避暑別荘地への道のためにかなり整備されている。 車も少なく快適だよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-89-兵庫県道39号

砥峰高原へ行くための県道。 小さな村をいくつか通過する。 ダム建設のおかげで道は快適2車線。 ただし、最後の村を通過すると、急に道のレベルが落ちる。 急坂と急カーブを抜けると駐車場がいくつか現れる。 そこから数百mで砥峰高原だ。 さて、砥峰高原から先は道の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-88-国道342号(宮城)

栗駒山と一ノ関市街を結ぶ国道。(詳細MAP) 栗駒山から下ってくると、現実へ引き戻される道でもある。 道は、狭い旧道的な部分と改良された部分が混在する。 狭い旧道部分の方が多いかな。 クルマに追いついてもなかなか抜けない。 なお、この国道には廃道が存在する。 その廃道はここだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-87-栗駒道路(秋田県道282号)

天空道路「栗駒道路」 栗駒山付近の高地を走る県道である。(詳細MAP) かつては有料だった。 東北の高地を走るということで、5月下旬まで冬季通行止めとなっている。 国道398号と別れた後、グングン高度を上げていく。 やがて、木々が低くなり、空が大きくなってくる。 栗駒山荘の建物が見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-86-国道398号(宮城・秋田)

国道398号は宮城県と秋田県とを結ぶ山越えルートである。 今回、栗駒山周辺部分を走ったのでレポートする。(map詳細) 改良された部分と昔ながらの狭い旧道部分が混在している。 改良された部分は走りやすく、景色もいいぞ! 一方、こちらは改良前の部分(宮城側の方が未改良区間が多い) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-85-旧天城トンネル(中伊豆)

伊豆半島の中心を走るR414。 ふと、旧天城トンネルはどうなっているのだろうと思った。 かつては未舗装だったけど今は舗装されているんだろうか。 じゃ、行ってみるか。 旧道ではあるが、天城トンネルは中伊豆の重要な観光スポットであるので、現R414の行先表示板にもしっかり天城トンネルは表示されている。 現国道から折…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-84-富士スピードウェイ

めったに走れないという事で未知道にアップする。 (金と時間さえあればいくらでも走れるが・・・) ここが入口。 大きなレースがあるときにも対応できるようにゲート数は多い。 でも、今日はレースはないので、ゲートは1つだけオープン。 入場料は¥1000。(JAF割引で\900) 快走路を走って本コースへ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-83-群馬県道255号

群馬県道255号はここにある。 この道、前々から気になっていた道である。 なぜなら、、、、 かつて上越線の夜行列車から見た風景で、河岸段丘の絶壁の真ん中でオレンジに光るものが見えた。 あそこは崖の途中、何もないはずだ。それなのに光が出ている。周りが真っ暗な中、不気味にオレンジに光る物体? トンネルがあるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-82-群馬県道253号+36号

群馬県道253号と36号はここにある。 群馬県道253号は、市街地から田んぼの広がる高原、その後山の中に入っていくが、田んぼのある高原までは2車線の良い道(渋川側も水上側も)。 山の中は整備がされておらず狭い1車線の道となる。 このため、大型車が入ってこれずに快調に走れる。 峠を越える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more