ツーレポ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 東海道丸子宿 丁子屋(静岡)★★

<<   作成日時 : 2017/12/05 23:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

江戸時代から続くとろろ汁の店。
東海道丸子宿 丁子屋

さすがに江戸時代の建物ではないがなかなか趣のある建物だ。
画像


建物の中は、一部資料室になっていて歴史を学ぶことができる。
画像


さて、たかがとろろ汁だが、大人気の店である。
到着はお昼前であったが、既に8割方埋まっている。
でも、回転は早いみたいだ。
とろろ汁を注文してからすぐに料理が運ばれる。
たしかに、イモを摺るだけだし、小鉢などは仕込み時点で大量に用意しておけばいいからね。
画像

麦飯にとろろをかけて、しょうゆと薬味で味を調えたら一気に食う。
画像

うむ。。。。予想通りだ。
なにが?
味がね。だってとろろだもん。
自然薯という(現在では)貴重なイモを使っているようだが、普通のとろろとそんなに違いはない。

ここでは、麦飯のお替りは自由。
椀に入っているとろろの量は割と多い。麦飯3杯分くらいある。
(そんなにお替りすると血糖値が心配なので、麦飯2杯で我慢する。)

とろろ飯にこの値段か?と思うが、
とろろの量やお替り自由、そして、歴史的な建物の維持(客にノスタルジーを与えてくれる)を考えると、まぁ、妥当かなと。

店の目の前の道(静岡県道208号)は旧東海道だ。
画像

いつまでメイン街道として使われていたのだろうか。
店の裏の通りが現在の国道1号。
そして、後ろの山をトンネルで抜けているのが国道1号のバイパスだ。
もう、現代の交通はそちらに移っているのだから、この旧東海道はアスファルトを剥がして元の姿に戻してあげたいね。
画像


20171126




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東海道丸子宿 丁子屋(静岡)★★ ツーレポ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる