ペンション南十字星(白馬)

画像


1.全体
 八方尾根スキー場から車で7~8分のところの別荘地内にある。
 ヨーロッパ風で、いかにもペンションという風貌だ。
 遠目で見るとかなりメルヘンチック。
 ただし、近づくと建物の古さを感じる。ペンションは個人経営なので、ホテルや旅館ほど頻繁にメンテナンスできないからこればかりはしょうがない。
 駐車場は裏庭も含めれば15台くらい停められる。

2.部屋
 宿泊した部屋はベッドが3つあった。ベッドが2つの部屋もあるらしい。さらには、地階に合宿部屋があった。
 洗面所とトイレは付いている。DVDプレーヤとTVはあるが冷蔵庫はない。
 また、使い捨て歯ブラシも付いていたが、しばらく宿泊者がいないor宿泊者が使用していないのか、歯磨き粉が固まっていた。
 部屋も良く見ると柱などにキズやヤレが出てる。新築じゃないから、まぁ、そんなもんだよね。
 もちろん清潔に保たれている。
画像



3.眺望
 林間の別荘地なので、眺望はない。これはどの部屋も同じだろう。
 木陰からちょっとだけ白馬岳山頂が見えるくらい。

4.風呂
 地階にある。温泉ではない。
 シャワーは3つ。
 湯船は4人同時に入れるくらい。

5.食事
 ここの売りは夕食のフランス料理のコースだ。
 個人で調理しているとは思えないくらいの出来栄え。見栄えも味も。
 量も必要にして十分。ただし、スキー合宿で宿泊しようとすると足りないんじゃないかな。
 その場合は、車で2分、歩いて10分のところにコンビニがあるから夜食を買いに行くべし。
 朝食はいたって普通。焼き立てパンはお代わり自由。おいしいよ。

6.その他
 夕食は18:00からで、早ければ19:00には終わってしまう。
 そのあとは何もやることがない。まぁ、静かな夜を読書やTVを見て過ごす、いや、過ごさなければならない。スキー合宿だったらミーティングと明日の計画かな。
 また、車で10分以内のところにいくつか温泉がある。温泉には夕食前に行くのではなく、夕食後に行くのが良いかも。その時には、夕食でワイン飲めないけど(フランス料理中にワイン飲むなというのは・・・)。
 さらに、スキー場で星鑑賞や早朝の雲海を見ることができる(今回しなかったけど)。それ用にゴンドラを動かしているし(週末のみ)、ゴンドラじゃなくても観賞場所まで林道を車で走って行けるらしい。
 ここに泊まるときは、長い夜をどう楽しむかを計画して行った方がいい。

画像

公式ページはこちら

20190503-04


この記事へのコメント