大湯ストーンサークル館(秋田県)

P7010175.JPG 秋田県側から十和田湖へ登っていく国道103号沿いに大湯という温泉町がある。
Image2.jpg
大湯というくらい温泉量は豊富で湧出温度も高いのだが、泉質が平凡なため知名度はイマイチだ。
その大湯から西へ1kmほどのところに縄文時代の遺跡ストーンサークル(正式名称は「大湯環状列石」というらしい)がある。
十和田湖に比べて見どころが貧弱なこの地域では大切な観光資源である。縄文時代から残されている遺跡のほかに、それを説明する立派な資料館(大湯ストーンサークル館)もある。

 実は、ずいぶん昔にバイクツーリングでここに立ち寄ったことがある。当時、夕刻で宿へ急ぐ途中にチョロっと寄っただけで、遠くの方に墓石みたいなのがあるなぁ、くらいにしか記憶が無い。資料館もあったかどうかも定かではないが、当時の日記(ツーレポ)を引っ張り出して読むと、そのころから資料館はあったようだが、入館はしなかったことが書いてあった。
P7010149.JPG
 資料館の前にあるストーンサークルはレプリカ。前回訪問した時もこれに騙されたことが書いてあった。
P7010151.JPG

 ウン十年ぶりに再訪してみた。今回は、しっかりと資料館も見学する。
ストーンサークルの説明以外にも、出土した大量の縄文式土器が壁一面に展示してありなかなか壮観である。
P7010157.JPG

古代ロマンが好きな人にはたまらない資料館だ。ただ、平日の午前中ということもあるだろうが、見学者が自分ひとりだ。スタッフさんの数の方が多い(笑)。休日にはもっと人は多いのだろうか。観光資源として活躍してほしいものだ。

 さて、じっくり資料館を見学した後は、ホンモノのストーンサークルを見に行こう。この付近には数多くのストーンサークルがあるのだが、遊歩道が整備されて見学できるのは2か所(野中堂と万座)。20分位で両方歩いて回れる。

 最近熊が出たようで、遊歩道のエリアを電気柵で覆っている。
P7010161.JPG

以前立ち寄った時はGW中で季節的に殺風景だったが、今回は芝生が元気に生えており(定期的に手入れもされているようで、かなりきれい)、ちょっとした公園っぽい。
大湯ストーンサークル全景.jpg

P7010174.JPG
ストーンサークル内は立ち入り禁止だが、かなり近くまで寄れる。日時計に使われたとも、祭りごとに使われたとも言われるが、果たして。当時の様子を思い浮かべるのも古代ロマン。
 十和田湖を観光するならば、ストーンサークルにも寄ってみよう。


20190701

"大湯ストーンサークル館(秋田県)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。