雪沢温泉「大雪」(秋田県)

秋田県の大館と小坂とを結ぶ県道2号線沿いにある小さな温泉宿。 旅行会社の検索ページには載っているが、自らのホームページは無さそう。 今回は日帰り温泉として利用したのでレポする。 県道2号線沿いだし、看板も出ているので簡単に見つけられる。 お世辞にも綺麗な建物とは言えないが、味があるというとほめ言葉になる、か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋北食堂(秋田県大館)★★★

大館バスターミナルに併設される秋北バスの事務所1Fにある「秋北食堂」。 ちなみに大館駅前と大館バスターミナルとは徒歩3分くらい離れている。大館バスターミナルは、駅弁の「鶏めし」で有名な花膳のビルの裏側にあるので、大館駅から直接見ることはできない。 外観はこんな感じ。のぼりが無かったら気づかない・・・・ おそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルートレインあけぼの(小坂レールパーク内)

ブルートレインあけぼのは、秋田県と青森県の県境にある小坂という小さな町にある小坂レールパーク(鉄道系テーマパーク)内の宿泊所である。 宿泊所として春~秋の週末(金、土、日の夜間)だけ営業する。 かつてのブルートレインの車両をそのまま使っている。 このブルートレインの車両と旧小坂駅の駅舎及びホームがセットになったテツ御用達宿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイハツ“ミライース”を借りてみた

レンタカーで「ミライース(2017年)」を借りてみた。 なので、ちょこっとインプレを。 (1)エクステリア 軽自動車の中でも抜群にデザインがいいと思う。 見た目、チャチっぽさないし。 ドアを閉める音も、いかにも軽!っていう“ペン”ではなく、普通車っぽい“バン”である。 さすがに外車のように“ドバム”っていう重…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東横イン(新潟駅前)

東横イン(新潟駅前) 新潟駅万代口から2分くらい。 アクセスは非常に良い。 ベッドはセミダブルでよろしい。 周りには旨い飲み屋が多数。 新潟の宿泊にはいいかもね。 朝食は無料。 6:30~7:00はパンとコヒーのみ。 7:00~は、ごはん、味噌汁、小鉢等が並ぶ。 ただ、そこは無料。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長岡あんぱん

チェーン店の「VIE DE FRANCE(ビドフランス)」 長岡駅店だけ販売している「長岡アンパン」 この地域のB級グルメかと思ったらそうでもないらしい。 列車待ちのためにたまたま入ったら、人気第3位の「長岡アンパン」が目に入った。 ふぅ~ん。。 食べてみるか。 これが「長岡アンパン」 これが中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱海伊豆山ホテル水葉亭(大江戸温泉物語)

昔からあったホテルなのだが、最近大江戸温泉グループに買収されたらしい(詳細はググれ)。 駐車場があちこちに分散しており、ホテルの入り口近い駐車場は予約制。 予約していないクルマは荷物を降ろした後、ホテルのワゴン車に付いて駐車場まで走ることになる(駐車場にクルマを止めたら彼ワゴンでホテルに戻る)。 さて、ホテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オレの夏休み(2018年)「東北道ツーリングプランを使い倒す!」

(0)プロローグ 主要なクライアントがお盆休みに入ると、受注がパタリと止む。 つまり、お盆の次の週は手隙になる。ここで夏休みを取るしかない。 久々に連泊ツーに出かけるか・・・ さて、どこへ行こうか。 高速道路も充実しているし、2泊となるとそこそこのところへ行ける。 一方、バイクなので雨は気になる。真夏なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YAMAHA XJ6 Diversion サイドバッグ取り付け

長距離ツーリングするならサイドケースが欲しいところ。 特に、XJ6 Diversionは、デザイン的にお尻が貧弱なので、ボリューム感が欲しい。 そのため、このバイクを購入した時からずーっとサイドケースを考えていた。 どのサイドバッグを付けるかをさんざん悩んでいたんだ。 取り付けっぱなしを考えていたからハードケースを探し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥羽本線 大沢駅(2018年夏)

奥羽本線の4連発スイッチバックの最後を飾る大沢駅。 大沢集落は、割と人が多く、生活感がある集落だ。 でも、みんな車で移動。 駅を利用する人はいないのかな。 ここは駅前ロータリー もう正面が旧1番線だ。 こちらが現在のホームへ向かう通路。 大沢駅も保線に使っているので、感じとしては板谷駅によく似て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥羽本線 峠駅(2018年夏)

奥羽本線「峠駅」へは山形県道232号を山奥へ辿り、ここを左折する。 さらに名もなき舗装林道を走り、 ここを右折する。 ここからも厳しい。かなりの急坂を下る。 ヘアピンがあったり、、、 崖なのにガードレールがなかったり、、、 当然バスやタクシーなど走っていない。 それでも車にすれ違った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-98-福島県道24号(母成グリーンライン)

母成グリーンライン(福島県道24号)は、一言で言うならば裏磐梯アクセス道路かな。 東北自動車道から裏磐梯へ行くために、猪苗代磐梯ICを経由するより一つ手前の磐梯熱海ICを降りて母成グリーンラインを通っていく方が楽しいかも。 母成グリーンラインは、大きく分けて、中ノ沢温泉区間、牧場区間、森林区間の3つの区間に分かれる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うなぎの蒲焼を作ってみた

近所のスーパーのタイムセール。。 んん? なんだ? 高級食材の国産ウナギ様、しかも天然ものの生ではないか! 茨城産ってことは霞ケ浦か? いや小さいね。 一瞬、ドジョウかと思った。 普段、見慣れている養殖ウナギって、巨大なんだな。 むりやり大きくされているのか? 人生初、蒲焼に挑戦だ! 頭ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥羽本線 板谷駅(2018年夏)

久しぶりに板谷駅を訪れた。 ここが駅前ロータリー。回転などできないけど。 そして、すぐ後ろがスイッチバック時代の旧板谷駅のホーム。 現在の板谷駅のホームは本線上にある。 まず、旧板谷駅のホームを降りる。 旧ホームは、標準軌に改軌されているので、保線に使われているようだ。 おそらく、冬季のラッセル車待機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-97-山形県道232号

山形県道232号は「万世大路」として有名な国道13号に並行して走る県道だ。 しかも、ほぼ奥羽線に沿って走る(直接見れる個所は少ないが)ので、4連発スイッチバック遺構を探索(赤岩駅以外)するアクセス道として重宝する。 福島側から山形県道232号に入るためには、まず、国道13号(東北中央自動車道にのってはいけない)を東栗子トンネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-96-山形福島県道2号(西吾妻スカイバレー)

県堺の白布峠を越えて山形の米沢と福島の桧原湖とを結ぶ県道。 かつては有料道路「西吾妻スカイバレー」だった。 しばらくは農村を走り、 山の中に入っていく 有名な白布温泉を通過し、 いよいよ峠道 多分、このあたりが米沢側で最も景色のいいところ(頂上にパーキングがあるがあまり眺望…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-95-福島県道70号(レークライン)

福島県道70号は有名な磐梯吾妻スカイラインとこのレークラインからなる。 レークラインといっても湖畔を走る道ではない。 前半は高度を上げて尾根道を走る。 このあたりが最高地点(パーキングがある) 高度を下げた後半は木立の中を走る(眺望無し)。 でも、こんな北海道っぽい風景もある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-94-福島県道64号(磐梯山ゴールドライン)

福島県道64号は、かつての有料道路「磐梯山ゴールドライン」である。 なぜゴールドなのかはよくわからないが、おそらく、紅葉の時期に木々が黄色に染まるからなのだろう。 全般として木立の中を走っており、眺望はほぼない。 一部スキー場内を走る。 景色が優れず、路面状態は良いので、走りに打ち込める!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-93-栃木福島県道290号

福島栃木県道290号は、かつての那須甲子道路。 無料化されて県道290号となった。 観光地の那須岳、那須高原の福島側の道なので、クルマは少ない。 かつての有料道路なので、全線二車線。 でも、勾配もカーブのかなりきつい。 バイクにとっては楽しい道。 ブイブイいける。 ただし、路面状況があまり良く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未知道探検倶楽部-92-国道289号

国道289号は東北道の白河ICと南会津(日光街道)とを結ぶ短絡路だ。 奥羽山脈(旭岳と甲子山)をトンネルでぶちぬいて1995年に完成した道路だ。 南会津の経済効果を真剣に考えているのか、かなり高規格な道路だ。 特に日光街道側は登坂車線が完備され、豪快に走れる(一部未改良) 。 未改良区間といってもこのレベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more